レンタリングプラント

みなさんはレンタリングプラントといったものはご存じでしょうか。

これは4Dと呼ばれる【Dead(死骸)、Diseased(病気の)、Dying(死にかけの)、Disabled(障害のある)】人間の食べる事のできない動物たちを細かく粉砕し、家畜のえさにするといったものです。

つまり、動物用シュレッダーです。

病死をとげた犬や猫、腐りかけの肉、安楽死させた動物たちをレンタリング工場でレンタリングします。

まず、レンタリング工場にやってきた動物の頭部や足、皮、足指のつめ、毛、羽毛、手根骨や足根骨の関節、乳腺等をすべて取り除きます。

これらをレンタリングするのですが、他にも病気になった動物や、薬物や殺虫剤におかされた動物もレンタリングされます。

これらをゆっくり砕いたあと、お湯で煮ます。

その時に軽い油だけが浮いてくるのですが、これは化粧品、整髪剤やワックス等に使われるそうです。

そのあと残ったものだけを、ペットフード等にするそうです。

こんな危険なものをえさにするとは驚きですし、病気になってしまったからといって、シュレッダーしてしまうというのも驚きです。

人間をシュレッダーする人はいないと思いますが、動物はこんな簡単にシュレッダーしてしまうのです。

ここに人間の恐ろしさがつまっていると思います。

さらには、そのレンタリングされた動物たちを、私たちが食べている牛や豚に食べさせているそうです。

その中には排泄物ももちろん含まれているそう。

それを食べた動物を私たち人間は喜んで食べているのです。

恐ろしい話しだと思います。

動物愛護をうたっていますが、そのような動物虐待以上のことも日常茶飯事でおこっているということなのですから。

この問題はあまり大きくとりざたされていませんが、今後は大きな問題となってくるでしょう。

常に安心、安全と思って食べているお肉がシュレッダーにかけられたお肉だとしたら・・・。

決して、安心、安全とは言えませんよね。

シュレッダーが発達することにより、こうして動物をシュレッダーできるものまででてきているということは、いつか、人間をシュレッダーする機械ができてもおかしくないということです。

それが犯罪に使われたりしないことを祈るばかりです。

シュレッダーは大変便利な機械です。

大切な個人情報等を守ってくれます。

こんな素晴らしい機械を、人間の欲のために使わずに、もっと世の中のためになることに使用できる世の中になればと思います。

便利な世の中が、安心な世の中になるといいですね。

 

 

Posted in